川越まつりのはじまりは氷川神社

川越まつりのはじまり

川越シェフ監修
簡単レシピサイト

川越まつりのはじまり

川越まつりのはじまり
川越まつりのはじまりは氷川神社から始まります

540年  旧暦9月15日、氷川神社が創建
1615年  赤坂山王神社で天下祭りが開始
1648年  松平伊豆守信綱が氷川神社に対し 神輿2基・獅子頭2体太鼓・神輿藏などを寄進
神幸祭を奨励
1651年  9月25日神幸祭を開催川越氷川神社祭礼「川越祭り」のはじまり です

明治に入り赤坂山王神社で天下祭りは、幕府の援助がなくなったので、縮小していきます
いわゆる江戸(東京)の祭りは、神輿スタイルに変更していきます

明治になっても、川越まつりが山車スタイルを守り続けてきたのは、川越自体に豪商が多かったことと、川越まつりを守っていこうとする街のひとびと、市役所の心意気が脈々と流れ続けてきた結果なのです

その努力が、認められて平成17年(2005年)2月21日に国指定・重要無形民俗文化財に指定されました

ライブドアの安心サイト
登録無料の出会い


川越まつり ファンへもどる

Copyright (C) 2008
川越まつり ファン
All Rights Reserved.