小狐丸の歴史や川越まつりとの関わりについて説明など

小狐丸

小狐丸


★生活サポート★
地図/ナビ/乗換
小狐丸
コギツネマル
種族:神様
年代:平安時代
説明:小狐丸コギツネマルは一条天皇の勅命で、三条の小鍛冶宗近が打った御剣の相槌。
宗近は、はじめ相槌がいないと断るが、氏神伏見稲荷に祈ると明神の化身の童男(小狐丸)が現れ相槌を務めたという。
御剣は、表に「小鍛治」、裏に「小狐」と銘打ったという。
『保元物語』の「小狐」と同一の剣かどうかは不明。


川越まつりへもどる
小狐丸

Copyright (C) 2008
川越まつり
All Rights Reserved.