徳川家康の歴史や川越まつりとの関わりについて説明など

徳川家康

徳川家康


★生活サポート★
地図/ナビ/乗換
徳川家康
トクガワイエヤス
種族:人物
年代:江戸時代
説明:徳川家康トクガワイエヤスは徳川初代将軍
小田原参戦の論功行賞として秀吉から関東入部を命ぜられ、江戸を根拠とする。
このとき城の多くは廃城となり、江戸時代を通して残ったのは、忍、岩槻、川越の三城のみ。
中でも川越城は交通の要所であり、17万石を有している。
家康は三河以来の家臣、酒井重忠を1万石で封じ、川越藩が誕生。
歴代藩主は、譜代大名で要職につく者が多く、川越と江戸幕府の密接な関係を物語っている。
また、川越には喜多院があり、家康の信望厚い天海僧正が来住することによって寺運が栄えた。","昭和57年白木造で完成、平成12年塗装し完成

へもどる
徳川家康

Copyright (C) 2008

All Rights Reserved.