俵藤太秀郷(藤原秀郷)の歴史や川越まつりとの関わりについて説明など

俵藤太秀郷(藤原秀郷)

俵藤太秀郷(藤原秀郷)


★生活サポート★
地図/ナビ/乗換
俵藤太秀郷(藤原秀郷)
フジワラノヒデサト
種族:人物
年代:平安時代
説明:俵藤太秀郷(藤原秀郷)フジワラノヒデサトは唐澤山神社(栃木県佐野)の御祭神で、幼時京都の田原郷に住んでいた。
ゆえに田原(俵)藤太秀郷ともいわれている。
平将門の乱(940年)時に征夷大将軍藤原忠文が到着する前に、平貞盛と力を合せ、将門軍を下総国幸島で攻め滅ぼした。
その功績により関東一円と東北地方を治めることとなる。
武蔵野国(埼玉)は秀郷の子孫が比企氏として、鎌倉時代まで豪族として君臨していた。



Copyright (C) 2008
川越まつり
All Rights Reserved.