日本武尊の歴史や川越まつりとの関わりについて説明など

日本武尊

日本武尊


★生活サポート★
地図/ナビ/乗換
日本武尊
ヤマトタケルノミコト
種族:神様
年代:神話時代
説明:日本武尊ヤマトタケルノミコトは「古事記」と「日本書紀」で兄弟や、妃と子の関係にかなりの異同がある。
「古事記」では倭建命と表記こと小碓命(おうすのみこと)、また日本童男(やまとおぐな)は、景行天皇の皇子で、仲哀天皇の父とされる。
日本神話では英雄として登場。
記紀の記述では、2世紀頃存在したとされる。
実際は、4世紀から 6、7世紀頃の複数の大和の英雄を具現化した架空の人物(津田左右吉説)という見方もある。
三種の神器である草薙剣は日本武尊が、天の群雲剣を持って東国遠征の際、火難に逢った際、草を切り払って助かったので、名づけられたもの。




Copyright (C) 2008
川越まつり
All Rights Reserved.